緊急災害時の児童の安全対策について

 

台風や災害が起きた場合について

1.登校以前に暴風警報が発表されている場合

ア.午前615分までに警報が解除された場合には、平常通り授業を行います。いつものように登校してください。

イ.午前615分から午前11時までの間に暴風警報が解除された時には、警報解除の2時間後に授業を開始します。
  その授業に間に合うように登校してください。

ウ.暴風警報が午前11時までに解除されない時には、その日は授業はありません。

エ.アやイで登校する時、台風の影響で通学路が通れず登校することが危険な場合は、登校せず、学校に連絡してください。

2.登校後に暴風警報が発表された場合

ア.授業を中止し、安全を確認し速やかに下校させます。ただし、通学路の通行が危険であったり、帰宅が困難と判断された場合は、
  関係児童の安全を校内において確保します。

3.その他の災害時について

ア.登校以前に大雨や雷、地震等が起こった場合(東海地震の場合を除く)は、その状況により、登校が危険と認められた場合は、登校せず、
  学校に連絡をしてください。

イ.登校後に大雨や雷、地震等が起こった場合(東海地震の場合を除く)は、安全を確認し平常授業を行います。
  ただし、状況においては、授業を中止し、帰宅させる場合もあります。

 

南海トラフ地震注意情報の発表時における対応について

1 注意情報が発表されたとき

ア.在校中(含部活動)に注意情報が発表されたとき
  授業をはじめとする教育活動を打ち切り、下校させますので、保護者の方は学校まで迎えにきていただきたいと思います。
児童だけで下校させた場合、危険が予想されますので、ご協力をお願いいたします。
なお、お仕事等でどうしても来校できない場合には、学校で待機させておきますので、
ご都合がつき次第、できるだけ早急にご来校ください。
 注意情報が発表されたとき、翌日以降は、学校からの登校の指示があるまでの間、臨時休校日とします。

イ.在宅時に注意情報が発表されたとき
 登校せず、自宅待機させてください。
 注意情報が発表されたとき、翌日以降は、学校からの登校の指示があるまでの間、臨時休校日とします。

ウ.登下校中に注意情報が発表されたとき
 登校中に発表された場合には、原則としてそのまま登校させます。在校中に発表された場合に準じた対応をしてください。
 下校中に発表された場合には、原則としてそのまま下校させます。在宅時に発表された場合に準じた対応をしてください。

2.注意情報が解除されたとき

 注意情報が解除されるなど、安全が確認されるまで臨時休校とします。安全が確認された時点(注意情報の解除)の時刻により、
次のような対応をしてください。

ア.午前615分前に解除されたとき
   平常通り授業を行います。

イ.午前615分から午前11時より前に解除されたとき
   解除された時刻の2時間後に授業を行います。

ウ.午前11時になって解除されないとき
   当日の授業を中止し、臨時休校日とします。

3.その他

電話などの連絡網が機能しないことも予想されますので、注意情報については、その収集に心がけたり、
隣近所での情報連絡など、よろしくお願いします。