緊急時の学校対応

●台風や災害が起きたときの登下校●
●東海地震注意情報及び警戒宣言発令時における対応●

●台風や災害が起きたときの登下校

1 登校する前に,名古屋地方気象台から小牧市に暴風警報および特別警報が出ているときは次のようにします。

○暴風警報および特別警報発令中は,登校しないで家で待機する。

(1) 午前6時20分(始業時刻2時間前)までに,暴風警報および特別警報が取り消されたときは,いつものように,午前8時20分から授業が始まります。
(2) 午前6時20分から午前11時までに暴風警報および特別警報が取り消されたときは,取り消されたときから2時間後に授業が始まります。
(3) 午前11時を過ぎて暴風警報および特別警報が取り消されるか,引き続いて暴風警報および特別警報が取り消されないときは, その日の授業は中止で,学校は休みになります。


警報が解かれた時間 授業が始まる時間
午前6時20分以前 いつもどおり
午前6時20分〜午前11時まで 解かれてから2時間後         
午前11時以降 授業はなし
 
2 登校する前,あるいは登校時に,豪雨や激しい雷等で危険な場合は,おさまるまで登校を見合わせるなり,近くの安全な場所に避難します。親や地域の方からの指導があれば,その指導に従って行動します。そして,できれば,そのことを学校へ連絡します。おさまった後でも,川の増水等,危険なところもあります。注意しながら登校します。危険を避けるために,登校時間に遅れた場合は遅刻にはなりません。

3 登校後,名古屋地方気象台から愛知県に暴風警報および特別警報や大雨警報が出たり,災害が起きた場合は,先生の指示を聞いて行動します。(その状況により授業を中止し,安全を確認して速やかに下校させたり,もしくは安全が確認できるまで学校で待機させたりします。

4 緊急の場合は,連絡網を利用します。




●東海地震注意情報及び警戒宣言発令時における対応●

1 児童が登校する前に東海地震注意情報が発令されている場合

(1) 午前6時20分(始業2時間前)までに注意情報が解除された場合は,平常通り授業を行います。
(2) 午前6時20分から午前11時までに注意情報が解除された場合には,解除後2時間を経てから授業を行います。
(3) 午前11時の時点で注意情報が解除されない場合は,当日の授業は中止とします。なお,午前11時以後,解除されても授業はありません。

注意情報が解かれた時間 授業が始まる時間
午前6時20分以前 いつもどおり
午前6時20分〜午前11時まで 解かれてから2時間後         
午前11時以降 授業はなし
 
2 児童が登校後に東海地震注意情報が発令された場合

  授業をはじめとする教育活動を打ち切り,下校させますので,保護者の方は, 学校まで迎えにきていただきたいと思います。児童だけで下校させた場合,危険が予想されますので,ご協力をお願いします。
  なお,仕事等でどうしても来校できない場合には,学校で待機させておきますので,都合がつき次第できるだけ早急に来校ください。


※ その他
 ・電話等の連絡網が機能しないことも予想されますので,東海地震注意情報の情報については,情報収集に心がけたり,隣近所での情報連絡など,よろしくお願いします。
 ・「東海地震注意情報」が発令後,状況に応じて警戒宣言が発令されます。
 ・台風時における暴風警報の対応と同じように,東海地震については,「東海地震注意情報」が発令された段階で児童の安全確保について対応します。