小牧原小学校

小牧原小学校区

 わたしたちの小牧原小学校は、1976年(昭和51年)4月1日に小牧小学校・村中小学校の分離校として、開校されました。
 開校時には、全校13学級で児童数489人でのスタ−トでした。昭和58年には、学級数25で児童数1003人を数えるほどでしたが、以後学級数・児童数は少しずつ減っています。
 わたしたちの校区は、歴史的に見てみると江戸時代の1621年(元名7年)の井戸田喜之助が野口村より来て、土地を開くことから始まりました。続いて、落合新八郎(入鹿六人衆の1人)が、上末村からやってきて、土地を開きました。いろいろな人たちの努力で小牧原新田ができあがり、今も地名にこの名が残っています。この新田開発に大きな役割を果たしたのが、学校のすぐ西を流れる合瀬川(木津用水)です。
 校区をいくつかの道路が、通っています。東西に国道155号・東名高速道路が、南北に県道名古屋犬山線・市道犬山公園線など一日中たくさんの車が通っています。また、校区の東のはしを名鉄 小牧線が通っています。
 校区には、いろいろな施設や建物があります。
 市民の安全を守る消防署が、校区の南にあります。そのすぐ北側には、山北保育園があります。
 校区の西には、わたしたちの学校をはじめ小牧市の小・中学校の給食を作って、運んでくれている北部給食センターがあります。
 また、校区の北の方には、2001年にできたスポーツ施設「パ−クアリ−ナ小牧」ができました。いろいろなスポ−ツ大会のもようしが開かれます。2002年からは、小牧シティ−マラソンのスタ−ト・ゴ−ル地点にもなっています。
 ほかにも、長い歴史を持つ津島神社(校区の東)・實々神社(校区の西)・神明社(校区の東)・大乗寺(校区の北)があります。
 校区の南側には、安田公園・早苗公園・清友公園などいくつもの公園があります。
 校区を地域に分けると、大きく6つになります。

地    域分   団   名
小牧原川西・源橋・北屋敷・中屋敷・西屋敷
懐1・2
安田・山北安田・山北・山北団地
街道・名鉄街道・名鉄住宅
大新田大新田
間々原萱場・宮前・中島・上中下・東組AB


給食センター合瀬川南側合瀬川北側山北保育園山北保育園
山北保育園3消防署神明社大乗寺本堂大乗寺門
津島神社東名高速道路實々神社

参考文献
 「小牧原新田ふるさと百話」
 「開校5周年記念誌 小牧原」
 「創立20周年記念 記念誌」