12月16日 木曜日 1年生総合的な学習の時間
         「桃陵中の環境整美の歴史に足跡を!」


 桃陵中学校に在職され、たくさんの卒業生をご指導いただいた松永先生に外部講師として
  来ていただき、1年生の生徒が校内の樹木について教えていただき、先生のご指導で植樹
 もさせていただきました。

 <1年生の生徒より>

  私たち1年F組のホームページ作成班は、桃陵中学校を校内を緑あふれるものにするため
  に、植樹や植物のお世話を長年されている松永先生に外部講師として本校に来ていただき、
 植樹などをさせていただきました。植えた木々は、酔芙蓉(すいふよう)・皇帝ダリアです。
  酔芙蓉は芙蓉の中でもとても位の高い高貴な芙蓉で、花の色が朝は白く、だんだん紅の
 色が濃くなることから名付けられたそうです。また、皇帝ダリアは、メキシコ原産で、晩秋から
 冬に薄紫の花をつける美しい花だと教えていただきました。北校舎・武道場・南校舎の前に、
 ダリアを1本、酔芙蓉を5本を植樹しました。

  松永先生からは、欅の大木「絆」について、次のことを教えていただきました。欅の大木「絆」
 は、噂によると、総費用が2000万円ぐらいかかったこと。当時、欅の大木「絆」の周辺には、た
 くさんのサツキが植えてあったが、途中から外来種の植物に切り替えてしまったこと。そのツタ
 は毎年、「絆の木」に巻きついてしまうので、日ごろから「絆の木」を守るために、手入れをしなけ
 ればならないことなどです。その他、資料をいただき、たくさんのことを教えていただきました。松
 永先生から「この苗を3年間大事に見守ってくださいね。わからないことはまた訊いてください」と
 お話しいただきました。みんなで松永先生の期待にしっかり応えようと思いました。