感謝して食べよう!
〜1月24日から30日は、「学校給食週間」です〜
 今から60年ほど前、戦争が終わって日本中の食べものがなくなり、大人も子どもも飢えて死んでしまう人もいました。そこで、日本の子どもたちのためにと、昭和21年12月24日に外国から小麦粉、砂糖、缶詰、脱脂粉乳などが贈られました。その食べ物によって学校給食が始まりました。贈られた食べ物を“ララ物資”といいます。“ララ物資”の贈呈式が行われた日は、冬休みであったために1ヶ月おくれて1月24日を「学校給食記念日」とし、その日から1週間を「学校給食週間」としました。
 「学校給食週間」は、食べものや食べものを作ってくださる人々に感謝する週間です。
明治22年(おにぎり さけの塩焼き
青菜づけ)
昭和22年(ララ物資の給食) 昭和25年(パン 脱脂粉乳
魚の竜田揚げ キャベツ)
平成19年(ご飯 牛乳 豚肉と生揚げの煮物 ひじきの三色炒め
ししゃもの甘露煮)
昭和51年(米飯 牛乳 魚の香り揚げ 筑前煮 みそ汁)
 給食に米飯が登場
昭和45年(パン 牛乳 ウィンナー
 コーンスープ みかん)
給食に牛乳が登場
☆ 愛知県は農業、漁業がさかんな県です。学校給食週間中は、愛知県が誇る食材をたくさん使用します。
小牧市教育委員会